不動産担保ローンの審査

不動産担保ローンを利用する場合、クレジットローン同様、審査が行なわれ、審査に通らなければ融資を受けることができません。

不動産担保ローンの審査は、クレジットローンでも行なわれる属性の審査と個人信用情報の審査、そして、この2つの審査に加えて不動産担保の審査も行なわれます。

属性の審査では、職業、年齢、年収、勤務年数等、申込者に関する情報が審査されます。

そして、個人信用情報の審査では、過去、および現在の借入れ情報がチェックされます。

借入額、返済の遅延の有無、ブラックリストにのっているかどうか等がチェックされるポイントとなっています。

最後に、不動産担保ローンの審査で一番重要となるのが不動産担保の審査です。

不動産担保の審査では、不動産の価値評価が行なわれ、評価に基づいて融資限度額や設定される金利が決められます。

一般的には、不動産担保価値の約7割が融資限度額となることが多いようです。

Comments are closed.