不動産担保ローンのメリット

不動産を担保にして融資を受ける不動産担保ローンの一番のメリットは、通常のクレジットローン、つまり無担保ローンと比べて、低金利で融資を受けられることです。

これは、不動産を担保にすることで、回収不能のリスクが下がることから、より金利が低くなっているのです。

また、不動産の担保があることで、低金利だけではなく、借入れ金を長期間で返済することも可能となっています。

結果として、月々の返済額を低く抑えることができ、総返済額も少なくできるのです。

不動産担保ローンのもう1つのメリットは、担保にする不動産の価値にもよりますが、一般的には借りられる限度額が高めで、百万円から数千万円単位のまとまった金額でも融資をしてもらえるという点です。

クレジットローンでは、年収による融資額の規制があることから、300万円以上の借入れは難しいと言われています。

このように多額の金額を長期間で返済することが可能な不動産担保ローンは、事業者、自営業者が安心して便利に利用できるローンなのです。

Comments are closed.